クロスメイクの特徴

  • クロスメイクとは

    クロスメイクとは、壁紙の傷、汚れ、経年劣化による色あせなどを張替えず壁紙の上からオリジナル染色剤(クロスメイク)を塗布する塗替え工法です。
    壁に空いてしまった穴やキズを修復してから施工を行い、壁紙の自然な凹凸を残しながら新品同様にキレイに仕上げます。

    • BEFORE
    • AFTER
    • BEFORE
    • AFTER

  • クロスメイクが選ばれる理由

    • 張替えのような違和感のない自然な仕上がり

      壁紙の塗替えといってもただ上塗りするのではありません。
      壁紙クロスに染色剤エコカラーをしみこませて染めていく染色工法ですので、クロスの凹凸模様や柄はそのまま再現しながら表面の穴、傷、汚れ、シミ、カビや変色した箇所もキレイに仕上げることができます。
      壁紙のもつ風合いや質感は保ったまま、自然な仕上がりです。
      下地には染み込まず、剥がせなくなることはありません。

    • 壁紙(クロス)の張替えの施工費の約半額の価格

      6畳の部屋の壁紙張替えを行った場合、平均4万円の施行費が相場ですがクロスメイクであれば2万円前後の施行費で塗替えが可能になります。クロス張替え時の作業で必要なクロス剥がしや、下地処理から糊付けの工程がなくなる分、作業費にかかるコストを抑えることができるので張替えよりもコストが安くなるわけです。

      施工費目安:1㎡500円~
    • 壁紙(クロス)の張替えの約3倍の施行スピード

      通常6畳の部屋の壁紙張り替えを行った場合、平均6~7時間ほどですので施工日数として1日かかります。クロスメイクであれば3~4時間程度で完了です。クロス張替え時で必要な作業工程がなくなる分、施工時間が短縮できるわけです。(乾燥するのに夏場なら1時間程度、冬場でも3~4時間程度で乾きます。)

      施工時間目安:6畳 約3~4時間
    • 廃材が出ないためエコにつながる施工

      通常の壁紙張り替えでは、新しいクロスに張替えるので当然古いクロス材が廃棄となり、ワンルームマンションの施工では15kg程の廃材が出ます。クロスメイクなら、古い壁紙の上から塗布していきますのでゴミが少なく環境に優しい施工です。また人体に有害なVOC(揮発性有機化合物)も含まれておりませんので、とても安心です

  • 施工の流れ

      壁紙の穴やキズを補修後、施工を行います。経年劣化による色あせた壁紙にコート剤を塗布し、全体に拡げていきます

      専用ロングハケでコート剤を壁紙全体に慣らしながら均一にムラなく丁寧に塗っていきます

    • 壁紙を新品に張替えたようにキレイに、またクロスの模様もそのまま再現できるので自然な仕上がりになります。